医療の現場で医療秘書を目指す人に思うこと

主婦の医療秘書という仕事について

医療秘書という仕事はとても難しい仕事だと思います。医療の現場で医師や看護師がスムーズな診察などができるような環境を作っていったり、患者さんが気持ちよく診察できるような環境つくりなど大変なことが多いと思

医療秘書という職業と変わっていく医療の現場

医療の技術は日々進歩しています。医療の現場もどんどん変わっています。最近耳にするようになった医療の職業に〈医療秘書〉があります。医療秘書とは医師の秘書であるのだと認識しています。医師のお手伝いをするの

医療の技術は日々進歩しています。医療の現場もどんどん変わっています。最近耳にするようになった医療の職業に〈医療秘書〉があります。医療秘書とは医師の秘書であるのだと認識しています。医師のお手伝いをするの

医療の世界で将来性有望、医療秘書という職業

将来、医療に関係する分野での仕事を希望しているが、どんな職業があるのか、自分には向いているのかを悩んでいる人も多いだろう。その中で、医療秘書という言葉を始めて聞くという人も多いだろう。医療事務ほどは馴

医療秘書の仕事は医療事務の延長線上にあるといえそう

病院の受付や会計、診療報酬請求事務、カルテの管理やナースステーションの事務など、医療秘書の仕事は、実にさまざまな内容をこなすことにある。医師の研究資料の準備、スケジュールの管理など多義にわたる。働く場

医療秘書の業務とはいったい、なんだろう。

一般的な企業でも「秘書」が存在する。秘書とは、上司がスムーズに業務が行えるよう、関係機関や各部署との連絡やスケジュール管理を行なったり、上司の業務を補佐する役割を担っている。これらと同様に、医療現場で

医療の現場で医療秘書を目指す人に思うこと

最近の国会において高齢化による年金問題などが話題になっていますが。この高齢化は医療現場に置いても大きく影響していると思います。医療現場は、医師、看護師だけでなく、それを支える多くの医療スタッフ。そして患者と最初に触れ合う事務系のスタッフ。テレビのCMを見ても最近は医療秘書の資格取得が大きく注目をされています。書店の刺客のコーナーも医療秘書でコーナーが出来てるくらい人気で需要のある資格なのだなと思います。窓口で最初に患者と接し、状況を聞きそこから目と知識で答えるスタッフを見るとこの人たちは事務職とはいえ医療従事者に近い人たちなのだと感心することがあります。もちろん、大きな病院などでは細分化され淡々と計算だけされている医療事務スタッフ、お金を受け取るだけのスタッフも多いですが。個人の診療所レベルでは、問診票に書かれたことから時に看護師と相談し適切な言葉を医者に伝え、診察がスムーズに行く手助けをしている人も見かけます。もちろんどちらがいいかと言うのはその人の適性もありますので一概には言えませんが。医療と言う現場にいるものとして、出しゃばらない範囲で医療の手助けができる医療秘書と言う存在の必要性も感じます。特に個人の診療所に置いては医療秘書と呼ばれる医療事務の方たちは受付であり、その診療所の医師の次に大切な顔であると言えます。だからこそ、医療秘書の資格を目指す人たちはその先にある、自分がどの現場で働きたいか。そしてその現場でどう動きたいか。動けるかを自分自身に問いかけて資格取得を目指してほしいと感じています。

医療機関における医療秘書の役割

医療に携わる人々の多さ、そして分野の多様さには驚くことが多い。ここでは、「医療秘書」に焦点をあてて述べていこうと考える。医療秘書の仕事は実に幅広い。そして、医療に関する知識も必要になる。医師達の仕事が円滑に行えるようサポートをする。業務内容としては、他業界の「秘書」業務のように、上司(この場合は医師)のもとで、スケジュール管理、電話応対、事務的書類作成等だ。また翻訳業務などもある。医師に限らず、看護師のもとで働くこともある。医療事務も含め、介護系資格の資料請求はシカエルというサイトが有名らしい。大学の先輩もシカエルでとりあえずいくつか資料請求をしているようだ。医療に関しての、専門的な知識も兼ね備え、そして事務的な能力も持ち合わせている、医療秘書の存在は、今ではなくてはならない必要な人材だといえるだろう。どの業界でもいえることではあるが、適材適所は重要である。医療の世界では、医師や看護師は、いわゆる「現場」で患者と向き合うことが肝心なのだから、その業務に時間を多く費やさなければならない。事務的な業務は、医療秘書がこなせば、理想的な体制で仕事ができるはずだ。しかし現場では、そのように理想的に整わないのが現状なのだそうだ。「医療事務」と「医療秘書」はとても似ているようで違う。受付で、患者の応対をする業務が中心なのが、医療事務だ。まだまだ医療秘書として、現場で活躍する人の数は少ないようだ。医師や看護師の総合的なサポートをする能力を兼ね備えた、医療秘書業務が広く知れ渡り、資格をとり、現場で活躍する人材が多くなると、結果的には、患者にとって良い結果につながると考えられる。